• 石鳥谷の全てがここにある!?
    たろし滝
    花巻観光協会 提供

    奥羽山脈を源とする葛丸川ですが、特にも大瀬川地域、葛丸ダムより少し下流のエリアは、散策や渓流釣り、紅葉狩りに最適で、「葛丸川渓流」として親しまれています。

    冬になると、葛丸川に注ぐ沢水が凍りつき、13メートルもの高さの大氷柱「たろし滝」ができます。「たろし」とはつららを意味し、古語の垂氷(たるひ)がなまったもので、できる氷柱の形が滝に似ていることから「たろし滝」という呼び名がついたといわれています。

    大瀬川地区(古くは畑地区)の人たちは、昔からこの氷柱の太さでその年の作柄を占ってきたといわれ、毎年2月11日に「測定会」が行われています。記録として残っているものでは、大豊作となった昭和53年の8メートルが最高です。

    2022年の測定会の結果

    5メートル45センチ

    たろし滝を見たい!

    測定会に向けて、仮設の橋が設置されたり通路を整えますので、測定会の前後であればたろし滝まで行くことができると思います。ただし、険しい山道にすべりやすい雪道のため、天気が悪い日や足腰に自信がない方へはおすすめしません。十分にお気をつけください。

    *参考URL(花巻市ホームページ)
    https://www.city.hanamaki.iwate.jp/kanko/midokoro/shizen/1003913.html


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA